1. ホーム
  2. 今月の優秀句

10月のテーマ「紅葉」

最優秀

柚子
大阪府

紅葉から紅葉へ軋む木舟かな

<黛まどか 選評>
嵐山、保津川あたりの景でしょうか。燃えるような紅葉から紅葉へと船頭が舟を近づけて、客を喜ばせています。木舟の軋む音は周辺の静けさを物語り、紅葉を映す清冽な水さえもが目に浮かぶようです。

優秀

クリームソーダ
愛知県

すれ違ふおこぼの鈴や夕紅葉

優秀

竹葉
東京都

夕紅葉京にひとりの宿りかな

入選
  • 小さき子のいつもぱあ出す照紅葉(松沢季吽/京都府)
  • 石蹴りの影を濃くせり夕紅葉(藤田ゆきまち/三重県)
  • 薄紅葉音羽の滝の長柄杓(西喜/京都府)
  • 初紅葉活けて障子の明かりたる(ドイツばば/日本国外)
  • 一枚の紅葉と影と手水鉢(蒲田晧兵/京都府)

<黛まどか 総評>
手水鉢に浮かぶ紅葉、紅葉を活けた部屋の障子明り、舞妓さんのおこぼの鈴の音、音羽の滝の長柄杓。京都はどの景を切り取っても紅葉が似合うなぁ…とあらためて思いました。そしてひとり旅がいいですね。また総体的に盛りの紅葉よりも薄紅葉や初紅葉、散紅葉、夕紅葉などが多く詠まれ、日本人の美意識を感じました。

今月の優秀句に選ばれたみなさまへ

優秀句(最優秀・優秀・入選)に選ばれた皆様には、京都にちなむ賞品を贈呈させていただくと共に、黛まどか主宰のオンライン句会にご招待させていただきます。以下のリンクよりご連絡先をお知らせください。

黛まどか主宰・オンライン句会
開催の予定
2020年12月 または 2021年1月

優秀句の方のご連絡はこちら

\ このページをシェア /